robabooks
robabooks
NEWS
森のマルシェ


10月20日(日)は
美祢の「森の駅」で開催される森のマルシェvol.28に出店します。
「ロバの本屋」は本ではなくて〝パンとスープ〟での参加です。
今回は、花巻パンとボルシチをお出しする予定ですよ。
森のマルシェはとても気持ちのいいイベントなので
お時間ありましたらどうぞゆっくり遊びに来てください。

いい天気になるといいな。
あ、俵山のお店は10/20(日)はお休みです。
よろしくお願いします。

2019.10.18
冬支度 と 秋の森


薪の棚を新設した。
今までその都度積んで、両端を柱状に積んだ薪で支えていたんだけど
たくさんの薪を置けて乾きやすいようにするにはやはり棚があった方がいい。
そう思って作りました。
地面との接地部分を浮かせて上下2段にして、風が通りやすいように。
まだまだ置けるぞ。
夏の間サボってしまった薪割り、今からコツコツと頑張るのだ。

さてさて、今週末10/20(日)は
美祢の「森の駅」で開催の〝森のマルシェ〟に出店します。
ロバの本屋店舗は臨時休業になります。
10/22(火)も都合により臨時休業です。
どうぞよろしくお願いします。

2019.10.15
今の平台


都内4箇所の古書店を会場に
文筆家・大竹昭子さんが様々なゲストを招いて行う
トークと朗読のイベントカタリココ
ゲストのラインナップが魅力的で
足を運んでみたいって度々思っていました。
そのカタリココ13年目にして
なんとそのイベントを文字に起こした小冊子の発行が始まりました。
これは嬉しい!
2015年に行われた漫画家・高野文子さんの回、
2018年に行われた美術家・福田尚代さんの回が
現在冊子になっています。
どちらも入荷してますよ。

そして
おふたりをよく知らない人にも紹介したいので
ロバの本屋の平台に
高野文子&福田尚代コーナー作りました。
このおふたり、私は昔からものすごいリスペクトしているのです。

カタリココの冊子「カタリココ文庫」は
これからも続けて発行される予定のようです。
とても楽しみです。

2019.10.14
10月の収穫


10月の畑は賑やかだ。
いろんな野菜が採れる。
夏野菜のトマト、ナス、ピーマン、ししとう、オクラがまだ採れるし、
夏の終わりに種まきした大根、小松菜、雪菜、青梗菜、レタス類も間引きながら食べられる。
人参やビーツもまだ残ってる。
畑の野菜がいちばん豊富な時期は10月だな。

2019.10.12
綿と羊


これは確か2年前(3年前かも)に紡いだジャコブ(羊)の糸。
今日、ようやく経糸を通し終え
織り始める準備を整えた。
店の椅子に敷く座布団になる予定。

糸を紡ぐのがとても好きなのだ。
最近はずっと綿の糸を紡いで紐を織っていたけど
涼しくなってきたので羊の毛が恋しい。
座布団が出来たら
また羊の毛を紡いで
靴下編んだり、セーター編んだりしたいな。

2019.10.10
2020年スケジュール帳


今年もつつみ舎さんと一緒にスケジュール帳を作りました。
2019年のスケジュール帳を一年間使ってみて
「ここはこうした方がいいね」という箇所を少し改良して
2020年版はより使いやすいように仕上げました。
表紙は今年も活版印刷でシンプルに刷りました。
中身は使いやすい1ヶ月見開きカレンダー。
DMや紙ものを入れておけるポケット付き。
二人で手分けして絶賛糸綴じ中です。
ロバの本屋、つつみ舎それぞれの店にて販売始まっています。

その他、2020年のカレンダーもぼちぼち届き始めました。
合わせて手にとって見てください。

2019.10.07
秋のメニュー


ようやく少し秋めいてきて朝晩涼しい。
過ごしやすい季節になってきましたね。

喫茶は今日から秋のメニューに変ります。
夏の間お休みしていた〝パンとスープ〟今日から再開します。
9月にそろそろ始めようかなぁって何度か思ったりしたのですが
気温が高いと酵母が元気すぎてパン生地がダレやすいので涼しくなるのを待っていたのです。
おやつもあります。
今日のおやつはチーズケーキとフィナンシェ(自家製バニラアイス添え)です。

2019.10.05
綿の糸 と 白いもの

「綿の糸 と 白いもの」始まっています。
前半5日間が過ぎたところですが、
いろんな人が足を運んでくれてとても嬉しい。

綿を育ててみたい人、
綿を紡いでみたい人、
糸紡ぎや織り物をしたい人、
紙が好きな人、
白いものに興味を持って来てくれた人、
白いおやつを食べに足を運んでくれた人もいたなー。

つつみ舎のカンちゃんと私とで
ゆっくり時間をかけて準備してきた今回の企画、
なるべくいろんな人に届いて欲しいと思っていたのです。

種から育てた綿の糸で
今回は紐を織りました。

最初の方で紡いだ糸はそうとうデコボコで、
だからもちろん、紐もデコボコです。
でもそれが可愛いかったりします。
紡ぐの上手になっちゃうと、こんなデコボコな糸は紡げなくなっちゃうのです。

糸を紡ぐのも、紐を織るのも
すごーく地味で、すごーく楽しい。
こんなに楽しいんだよってことが伝わるといいな。

17日の火曜日には、
「綿から糸を紡ぐ」ワークショップをしました。

をりごやの園田智子さんが教えてくれました。
園田さんは私やカンちゃんに紡ぎと織りを教えてくれた先生。
教え方がとても上手なのです。

綿を紡ぐのは、実はかなり難しいです。
最初からすぐに出来る人は多分ほとんどいないと思う。
それなのに、たった1時間半の間に
ボコボコ太い糸ではあるけど
みなさんちゃんと紡いだ糸を持ち帰ることができました。
それ見てて、さすが園田さんだなぁって思いました。
みなさん楽しそうだったなぁ。

今回の展示は
綿以外の白いものもいろいろ並んでいます。

カンちゃんと私とで手分けして集めた白いものたち、
楽しんでもらえたら嬉しいです。

後半は9/21(土)から始まります。
後半も、どうぞよろしくお願いします。

2019.09.18