robabooks
robabooks
NEWS
秋ですね

9月があっという間に終わってしまった。
早いなぁ。

店のお知らせなどをしておきますね。

ただ今店の隅っこで小さく開催している『いぶきみのり展、の予告篇』は
10/5(火)まで、です。
制作途中の作品を見れるなんてなかなかないので
お時間ありましたらぜひぜひ見に来てください。
そして、本番をワクワクお待ちください。
『いぶきみのり展』の本番の日程はまだ決まってないですが、
年内にやる予定で調整中です。

10/9(土)からは
『綿の糸 と 白いもの vol.2』が始まります。

「ロバの本屋」の前の畑で
つつみ舎さんと一緒に綿を育てています。
弾けた綿を収穫して、種とりして、紡いで、織って、
少しずつカタチにしています。
今年で5年目です。
5年目の区切りで
2度目のお披露目をすることにしました。
今回は二人で100本の紐を織りました。
それから、
綿以外の白いものも一緒に並べます。
何組かの作家さんに〝白いもの〟を作ってもらいました。
合わせて楽しんでください。
詳しくはこちら →

2021.10.01
遅めの夏休み


島田 篤 展『野良庭ー短篇集ー』
昨日で終了しました。
地味に面白い展示だったなぁ、と余韻に浸っています。
足を運んでくれたみなさま、どうもありがとうございました。

さて、「ロバの本屋」は
9/1(水)〜10(金)遅めの夏休みとさせていただきます。
店の片付けや畑のこと、
10月の『綿の糸と白いもの vol.2』の準備などを
コツコツ進めようかと思っています。

9/18(土)から開催予定だった『いぶきみのり展』は
とりあえず延期することにしました。
コロナの状況が深刻さを増してきたので、
もう少し状況が良くなるのを待ってやろうね、となりました。
日程などは決まり次第ホームページとインスタグラムでお知らせしますね。
ただ、みのりちゃんは着々と準備を進めてもいたので
ただ延期にして様子を見ているだけじゃ勿体ないかなぁと思いまして、
制作途中の作品や出来上がった作品を数点か送ってもらって、
常設営業の店の隅っこで『いぶきみのり展、の予告篇』をしようかと思います。
当初の展示予定だった9/18(土)から並べる予定ですので、
気になってた方で来られそうな方は
どうぞ見に来てください。
布でいろいろ作るみのりちゃんの作品は
とても自由で面白いのです。

2021.09.01
夏本番

梅雨明けした途端に夏がやってきた!って感じですね。
暑い日が続いています。

でも、私は夏が結構好き。
流れるほど汗をかいて、そのあと水浴びしてスッキリするのが気持ちいいのです。
汗をたくさんかくと体が整う気がします。

7月、8月は祝日が移動した関係で
営業日が若干入れ替わりますので
NEWSの営業日カレンダーを確認の上、お越しください。
8月か、9月のどこかで
夏休みを取ろうかと考えたりもしています。

2021.07.21
6月もあと少し

いつの間にか6月も後半。
びっくり。

金曜朝市もちょっとオタオタしつつも無事終わって、
また次回が楽しみだねぇって参加者みんなで話しています。
ずいぶん日にちがたってしまったけれど、
足を運んでくれたみなさま、どうもありがとうございました。


昨日は大きくなりすぎたユーカリの木を剪定しました。
せっかくなのでユーカリ染めをしてみようと思って、
店のレジの中で乾燥中です。
なんだか空気が清々しい気がします。

2021.06.22
のんびり営業

ゴールデンウィークも終わりましたね。
今年のゴールデンウィークは
わりと涼しくて天気悪い日も多かったけど、
それでも
なんだかバタバタしているうちに終わったなぁ、という感じです。

これからしばらくは展示などもないので
ゆっくり店を整えたり本を補充したりしながら
のんびり営業になるだろな。

季節もいいし、
ミーコやんとビクターとのんびり店番していようと思います。

2021.05.12
春ですね

長らくお休みいただきましたが、
3月より通常通り営業いたします。
土、日、月、火、祝日が営業日です。
よろしくお願いします。

休みの間は
店の前に柵を作ったり、畑の準備をしたり、薪を割ったり。
雪の日には
糸を紡いだり、編み物したり、のんびり過ごしました。
よい充電ができました。


昨日は久しぶりに店作業。
摘んできたフキノトウをいけてみたら
ふつふつと店を開けたい気持ちになりました。
3月1日が楽しみだな。

いくつか、3月のお知らせ

・春まきの種、いろいろ注文しました。3/2(火)ごろ届く予定です。
・月一のhortaさんのパンとお菓子のお届けは3/6(土)
・今年最初の「金曜朝市」は3/12(金)つつみ舎さんの横にて10時ごろ〜

畑の本や植物の本、絵本などもたくさん届いています。
春からまたどうぞよろしくお願いします。

2021.02.25
これからの店のこと (喫茶のこと)


2020年も終わりが見えてきましたね。
今年はコロナに振り回された感じの1年だったけど、
いろいろ見直すことができるよい機会でもあったな、と思ってもいます。

「ロバの本屋」は私ひとりでやっている小さな店です。
基本は本屋で、新刊と古本の両方を扱っていて、
文房具や紙もの、くらしの道具、製本道具、手芸道具、などを置いています。
不定期で展覧会なども開催しています。
喫茶スペースもあります。

そんな店を回していくのは、なかなかやることが多いです。
そうゆうものなんだと思ってオープンしてから7年間やってきました。
定休日が3日あっても、そのうち2日はほとんど店のことしているようなものです。
「そんなに休んで、休みの日は何してるの?」
って聞かれることが多いのですが、
開いてない時間にやっている仕事の方が多いくらいです。

コロナのことがあって、喫茶を縮小した方がいいよなと思って
7席あった席を4席に減らし、
軽い食事をと思ってやっていた〝パンとスープ〟を出すのをやめました。
そしたら、ずいぶん楽になった。
喫茶のお客さまを断ることは多くなったけど、
本を1冊買おうと待ってくれているお客さまを
長く待たせないでお会計できるようになった。

もともと、何で喫茶スペースを作ったのかっていうと、
店の立地的に
来てくれるお客さま全員がわざわざ時間を作って足を運んでくれることになる。
だから、せっかくここまで来てくれるのだから、
本を見たりした後にお茶でも飲んでゆっくりしていってほしいな、と思ったからなのです。

ここ最近は、来店早々に
「ランチ2つください」とか言われることも増えて
完全に喫茶店として利用している人が増えてきた。
それが嫌なわけではないけど、
それに振り回されて
本来の本屋のお客さまを長く待たせてしまうのはどうなんだ…って
すごく気になっていたし、
仕込みに時間がかかってしまうので
開店前に薪割りしたり畑仕事したりする時間がなくなってきた。
これでは本末転倒なんじゃないか…。
悶々とそう思っていた矢先のコロナだった。

一度はじめてしまったことをやめるのは難しい。
でも、コロナだからって理由があって、やめてみることができた。
それは、とても良かったって思う。
そんなワケで、
たとえコロナが収束して普段どおりに営業できるようになっても、
もうこのまま
喫茶は4席、食事は出さない。
その感じでやっていくことにします。

4席しかないので、大人数のお客さまは最初からお断りすることになります。
ご不便おかけすることもあると思いますが、
どうぞよろしくお願いします。
お客さまにのんびり楽しんでもらえる店を目指して
これからもいろいろ考えつつ、無理せずやっていきたいと思っています。

2020.12.22
カレンダーフェアやります

いつの間にかすっかり秋ですねぇ。
俵山は、朝晩ちょっと寒いくらいです。
まもなく薪ストーブの出番がやってきます。
今年は割と着々と薪の準備できてるけど
それでも、もう少し準備しておきたいな。
何だか今年の冬は寒くなりそうな気配だしね。

店の方はというと、
本もいろいろ入荷していますが
来年のカレンダーもぼちぼちと届いています。
11月に入った辺りで
オンラインストアで〝2021年のカレンダーフェア〟をやろうと思います。
遠方の方で来店できない方も、楽しみにしていてください。

2020.10.17