robabooks
robabooks
NEWS
いつものコーヒー

IMG_0457

ねじまき雲のコーヒーは、
私のいつものコーヒーです。
毎日、当たり前みたいに飲んでいるので、
もう当たり前すぎて空気みたいな感じなのです。

ときどき、
手土産などで他のコーヒー豆もらって飲んだりすることもあるけど、
もちろんそれぞれに美味しいコーヒーだったりするんだけど、
でも、またネジくんのコーヒーに戻ったときに
「あー、やっぱりネジくんのコーヒーは美味しいなぁ」
って、そのたびに思うのです。
ネジくんのコーヒーは私にとって、そんなコーヒーです。

もちろん普段店でお出ししてるのも、ねじまき雲のコーヒーです。
普段は、
ホットコーヒーにはペルーカフェオルキディア・フェアトレードの中深煎りの豆を、
アイスコーヒーとカフェオレにはマンデリンの深煎りの豆を使っています。
でも毎回、こつこつ、もくもく、たんたんの期間には、
ネジくんがその都度、その回ごとにブレンドした豆を届けてくれます。
今回はどんなブレンドが届くのかな。
ストレートもいいけど、
毎年、期間限定で味わえるブレンドも美味しいんだよねぇ。
楽しみだな。

ネジくんと昵懇のクーラさんは親友だし(たぶん)、
外間さんもネジくんのコーヒーの常連さんだし、
そんなワケなので、
ネジくんはみんなのコーヒーの好みも熟知しているのです。
蛍の季節に似合うブレンドコーヒーが届くと思います。

普段「ロバの本屋」ではコーヒー豆は販売していないけど、
こつこつ、もくもく、たんたんのイベントの会期中には
ねじまき雲の限定ブレンドの豆がお買い求めいただけます。
もちろん、
お店でもイベント限定ブレンドコーヒーをお出ししますよ。

さーて、
何回かに分けてちょっと詳しく書いてたら、
もう3日後には始まりますね。

こつこつ、もくもく、たんたん vol.4
【テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く】
6/16(金)スタートです。
どうぞ、遊びに来てください!

2017.06.13
Picnikaのこと

こつこつ、もくもく、たんたん vol.4
【テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く】
のメンバー紹介のつづき。

東欧の古道具と手仕事の店、Picnikaのこと。
IMG_0437

Picnikaは福岡の南区大楠にあります。
借りてた物件の取り壊しなどのため移転を2回しているので、
今の場所は3箇所目です。
古いビルの3階にあります。
そのビルの1階には、いい文房具やさんや美味しいパン屋さんも入っていて、
そのビルだけでも楽しめる、なかなかの場所です。

で、Picnikaはっていうと、
東欧のモノを扱っている店の中でも
Picnikaほど魅力的なモノを揃えてる店を、私は他に知りません。
ほんっとにいい店なのです。
行くと絶対に欲しいものに出会ってしまうので、
財布にお金を入れすぎないようにして(でも、ある程度は入れて)行きます(笑)。

テディベア作家の外間さんも、
Picnikaが東京で展示会していたときに覗きに行って、
一目でファンになったひとり。
家に帰るとすぐに私に電話をかけてきて
「いのまたさん、次の展覧会するときにリクエストしたい店があるんだけど…」
と、Picnikaの名前をつぶやいたのです。
私もPicnikaが大好きだったので即日連絡をして
前回の、こつこつ、もくもく、たんたん vol.3「冬ごもりの手仕事」に
参加してもらいました。
外間さんのベアとの相性はバッチリ!
楽しい展覧会になりました。

さてさて、そんな前回でしたが、
前回は昵懇のクーラさんは俵山までは来れなかったのですが、
葉山でセッセとガレット・デ・ロワを焼いては何度も送ってくれました。
寒い冬の、特別楽しい美味しいお楽しみ、だったのです。
そのガレット・デ・ロワを食べたPicnikaつるくんも
「なんて美味しいんだ…」
となったのですが、
インスタでうちの展示の様子を楽しんでいた昵懇のクーラさんも、
「私、東欧のモノって貧乏くさいしあんまり好きじゃないんだよねー」
と以前からよく言っていたにもかかわらず、
「東欧のモノって苦手だと思ってたけど、Picnikaのモノは好きかも…」とポロリ。
Picnikaのホームページをチェックしたりもして、
昵懇のクーラさんもPicnikaが好きになりました。
そして、
「次回は俵山に行って料理を出したいな。できればPicnikaの器で出したいな」
と言ったのでした。

ってなワケで、
前回の会期が終わったすぐあとに、今回の企画は動き出したのです。
トントントン、ってね。

2017.06.12
外間さんのテディベア

IMG_0368

外間宏政さんの作るベアはとてもかわいい。
と、私は思う。

普段、ぬいぐるみとか人形とかにまったく興味のない私が、
外間さんのテディベアにだけは、きゅんとするのだ。
なんだろな。
外間さんのベアのこの可愛さは、いったい何なんだろなぁ。

今回の展覧会中も外間さんはベア作りのワークショップしてくれます。
IMG_0364

今回作るのは、この手前のたんぽぽベア(いちばん上の写真のコも同じコ)。
わりと大きくて、そしてなんともかわいいコなのです。

頭と手足が動くタイプのベアですよ。
座ってても可愛いんですが、
後ろのベアたちのように立つこともできますよ。

IMG_0383

ほらね。
この一生懸命立ってる感じが、またいいんだよね。

ワークショップの詳細です。

【テディベア作りワークショップ】
6/16(金)~20(火)の期間
13:00 〜 仕上がるまで(だいたい2〜3時間くらい)
たんぽぽベア
サイズ約260㎜・フルジョイント(頭両手足可動)
参加費/¥28.000(お茶と昵懇の焼き菓子付き)
※要予約(「ロバの本屋」までお電話またはメールにてお願いします)

ワークショップは、あと少し空きがあります。
迷ってる方はぜひ〜。

展覧会にはこの他にも可愛いコたちがたくさんやってくると思いますよ。
ぜひぜひ、外間さんのベアに会いに来てください。

こつこつ、もくもく、たんたん vol.4
『テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く』
会期は6/16(金)〜27(火)です。
会期中も、水、木曜日はお休みしますので、
間違えないように気をつけてくださいね。

2017.06.10
昵懇のcuraさんのこと

IMG_9493

来週からはじまる展覧会
こつこつ、もくもく、たんたん vol.4
【テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く】

この、ちょっと長すぎるタイトルの展覧会のこと、
案内のハガキにはこまかく説明書くスペースがないから書いてないけど
ちょっと何回かに分けて詳しくお話しようかなぁって思います。

外間宏政…テディベア
ねじまき雲…自家焙煎珈琲
Picnika…東欧の古道具と手仕事
昵懇…料理とお菓子

今回の参加メンバーはこの4人です。

まずは現在、神奈川県の葉山で『昵懇(じっこん)』っていう
“美味しい”を追求する場所をしている大西さん(curaさん)のこと。

『昵懇』は葉山の住宅地の路地の奥にひっそりと佇む一軒家で、
美味しいものを楽しむための空間になっています。
予約制のレストランを開いたり、週末にときどきカフェをしたり、
料理教室やイベントなどを開催しています。

なぜ私が大西さんのことをcura(クーラ)さんって呼んでるのかっていうと、
今の『昵懇』を始める前、
まずはネットで『Cura』という名前で焼き菓子の販売をはじめ、
その後、東京の経堂で『Cura2』というカフェをしていたから。

私は今の『ロバの本屋』をはじめる前、
経堂で『ロバロバカフェ』というギャラリーカフェをしていました。
『Cura2』は『ロバロバカフェ』のすぐ近くに開店しました。
当時まだ個人でやってる小さな店が経堂にはそんなに多くなくて、
curaさんと励まし合いながら、ときにはグチなども言い合いながら(笑)、
お互いコツコツとがんばって続けていました。
そんなワケなので、なんとなく同志みたいな感じが今もある気がします。

『Cura2』は“カフェ”であることがもったいないくらい料理が美味しい店でした。
サンドイッチひとつ取っても、
パンも自家製、挟んであるハムやベーコンも自家製、
どのフィリングもびっくりするくらいのバランスで、なんとも絶妙なのでした。
日替わりのスープもそれはそれはおいしくて、
こんなにおいしいスープってものが世の中にはあるんだなぁ、としみじみ味わいました。
食に関して貪欲で、研究熱心で、妥協を許さないcuraさんを、
いつも、とても尊敬していました。
私も負けずにがんばらねばって、心の励みでもありました。
営業時間がかぶっていたので、そんなに頻繁に行くことはできなかったけど、
ときどき美味しいものを食べに行くのを楽しみにしていました。
お菓子もしっかりした美味しさだったので、
『ロバロバカフェ』に卸してもらって、
店内で展示を見たりしながらコーヒーと一緒に食べれるようにしていました。

そんなcuraさんでしたが、
当時から、本当はもっといろんな料理をしたそうに見えました。
“カフェである”という縛りがあるので
そんなにあれこれ作ることもできず、
かといって、カフェメニューのひとつひとつはきちんと美味しいものを、
というスタンスだったので、
そのことが少し窮屈そうに見えました。
curaさんはフランスで5年くらい本気で料理を学んできた人だったので、
あれも作りたい、こんな料理もしてみたい、というのが
たぶん常に頭の中にあったのだと思います。

私が山口に引っ越して
その後『ロバの本屋』をオープンしてしばらくたった頃、
経堂の『cura2』は閉店し、
curaさんは新しい場所『昵懇』をオープンしました。
『昵懇』はカフェではなくて、
もっと自由な実験的な場所としてはじまりました。
それを聞いて、
あぁ、curaさんは今までやりたくてもできなかったことを
きっとここで、ひとつひとつ試していくんだろうな、と思いました。

『昵懇』がオープンして少したった頃、
私は東京に行く用事があったので『昵懇』に行ってみようと思いました。
どうせ行くのならcuraさんにお料理を習いたいな、と思いました。
そう相談してみたら快くオッケーしてくれたので、
友だちと3人で“昵懇の料理教室”に行きました。
メニューは、
アサリの美味しい季節だったので、クラムチャウダーと、
サラダを3種類(豆のサラダ、紫キャベツのコールスロー、グリーンサラダ)。
ひとつひとつのちょっとしたひと手間の大切さ、
サラダとスープの奥深さに本気で目ざめたのは、このときです。
そこに、curaさんが焼いてくれた丸パン、おいしい紅茶。
なんとも幸せなひとときでした。

さてさて、
説明が長くなってしまいましたが、
このたびの、
こつこつ、もくもく、たんたん vol.4
【テディベア、美味しいものを持ってふたたび蛍を見に行く】
では、『昵懇』のcuraさんのお料理が食べられるイベントをしますよ。

【「昵懇」夜のレストラン】
6/16(金) 19 : 00 〜/7.000円/要予約
地元の素材を使ったコース仕立てのお料理(デザート付)を
Picnikaの器でゆっくり召し上がっていただきます

【「昵懇」昼の軽食】
6/18(日) 11 : 00 〜17 : 00(ラストオーダー 16 : 00)
こちらは予約は必要ないので、お気軽にいらしてください

どうぞお時間を作ってcuraさんのお料理を味わいにいらしてください。
お待ちしてます。

2017.06.08
気持ちのいい風が吹いていた

富田惠子銅版画展「ただあることのキセキ」
会期終了しました。

IMG_0072
とても気持ちのいい2週間だった。

IMG_9811
ずっと天気がよくて、
気持ちのいい風が吹いていた。

とみたけちゃんは
店の隣にある作業部屋を「線のアトリエ」と名付けて、
そこでずっと手を動かしていた。

IMG_9777
IMG_0029
IMG_9964
IMG_9987
IMG_0031

何枚も描いた大きな絵は、
滞在最後の日に小さく切って本のカタチに綴じて
はんこで日付を押した。
IMG_0066
ページをめくると
大きな絵の“部分”が見える。
IMG_0061
“部分”になることによって、線が違う見え方をする。

とみたけちゃんが帰って行った日、
椅子に座って、その本たちをゆっくりと眺めた。
なぜだか涙が流れた。
感動したのだ。

2017.06.01
富田惠子銅版画展「ただあることのキセキ」

5月19日(金)から
富田惠子 銅版画展「ただあることのキセキ」はじまっています。

IMG_9697
前日の搬入の様子。

IMG_9723
平面の作品の他、ブロックの作品もあります。
積んでみたりしてもおもしろいです。

IMG_9699
制作の途中で刷った作品や端切れ、
銅版画の版なんかもざっくり置いてくれてますので、
手に取ってゆっくり眺めてほしい。
紙好きにはたまらないと思います。

富田惠子さん、今回は長期滞在なのです。
ロバの本屋に隣接する場所を「線のアトリエ」と名付けて、
制作したりしながら在店してくれています。

IMG_9740
大きな絵を描いたり、

IMG_9775
私の製本用のプレス機で銅版画を刷れるかどうか実験したり、

IMG_9791
いろんな作業をあれこれ平行しながら
のびのびと制作していて、

IMG_9793
ちょいちょい覗き見しているだけでとても楽しい。
次は何ができるのかなって、楽しみで仕方ない。

可能な方には何度でも足を運んでほしいです、ほんとに。

IMG_9459
ただあることのキセキ、
うん、そんなことを感じる展示だな。
どうぞ、ゆっくり、じっくりと見に来てください。
5月30日(火)までやっています。
お待ちしてます。

もひとつお知らせがあります。

IMG_9770

先日「パーラー ロバとくじら」を一緒にやったhortaさんのパンとお菓子が届いています。
これから、こんなふうに定期的に届けてくれることになりましたよ。
パンもお菓子も、しみじみ美味しいので、
たくさんの人に食べてほしいな。
届きましたら、ホームページとインスタグラムでお知らせしますので、
ご都合のつく時にぜひぜひ味わってみてください。

2017.05.20
楽しかったこと

4月、5月と、
いろいろ楽しいことがあった。

4月12日(水)
豊北町の「つつみ舎」にて活版印刷のワークショック。

活版印刷は作業そのものは地味なのに、
みなさん、楽しそうにしてくれてて、とてもうれしかった。
IMG_8816
つつみ舎のカンちゃんも印刷してました。
IMG_8821
写真で見返すと工場長っぽいな(笑)。
とっても楽しいワークショップだった。
カンちゃん、ありがとう〜。

5月4日(木)〜6日(土)
「ロバの本屋」にて「パーラー ロバのくじら」開店!

広島から「horta」の中林さん、パンとお菓子を抱えて来てくれて、
一緒に期間限定のパーラーをしました。
IMG_9342
IMG_9353
IMG_9381
おいしくて楽しい3日間だったな。

夜にはササッと料理作ってくれたり、
うちにある道具で仕込みをこなしたり、
合間に子どもたちの相手もしつつ
てきぱきと作る中林さんを見ていたら
私もがんばっていこうって気持ちがすごく強くなった。
まだまだがんばれるなぁって思った。

中林さんとこの子ども、くすろうとはなちゃんが
3日間一緒にいたらすっかり馴染んじゃって
帰る日にはちょっと寂しくなってしまったよ。
IMG_9375
IMG_9363
IMG_9368

また一緒に過ごしたいな。
楽しかったなぁ。
IMG_9393
楽しい3日間をありがとねー。

2017.05.12
GW と「パーラー ロバとくじら」

IMG_9145
新緑がキレイな、気持ちのいい季節になりましたね。
まもなくゴールデンウィークが始まるので、
いろいろお知らせ、です。

NEWSの方には前からあげてましたが、
こっちでも再度
ゴールデンウィーク中のお休みをお知らせしておきます。
IMG_8573
4月中は通常通り水、木曜日の定休日がお休みです。
5月は祝日にあたる日は営業します。
5/3(水)、4(木)は営業します。
代わりに5/2(火)と5/9(火)をお休みさせていただきます。
どうぞよろしくお願いします。

さてさて、
ゴールデンウィーク中はちょっとお楽しみイベントありますよ。

【出張「horta」と「パーラー ロバとくじら」】
5/4(木)、5(金)、6(土)
IMG_9154
広島にある自家製酵母のパンと焼菓子のお店hortaさんが、
なんと!ロバの本屋に出張販売に来てくれるのです。
hortaのパンとお菓子は、
いちど食べると、またもう一度食べたくなります。
しみじみとおいしいのです。
そんなワケなので、
私も何度か通販で購入して楽しんでいたのですが、
そのhortaさんがわざわざ出張してきてくれるのです。
やったーい!

で、せっかくなので、
うち「ロバ」とhorta「くじら」でコラボもすることにしました。
それが、
「パーラー ロバとくじら」です。
hortaのパンを使った軽食や、甘いものを出す予定です。
ロバとくじらの合作メニュー、楽しみにしててくださいね。

もひとつ、お知らせ。
IMG_9056
久しぶりに小匙さんのジャムが入荷しています。
お待ちのお客さま、お待たせしました。
今回届いたのは、
・八朔マーマレード
・レモンマーマレード
・レモンカード
・ビターキャラメル+ビターチョコ
・木の実ジャム
・黒いちじくと赤ワインのジャム
・黒豆ジャム
以上7種類です。

ゴールデンウィークもよいお天気だといいですね。

2017.04.25